極秘ビジネス ブックメーカーアカデミー 宮崎 正 合同会社MST

何のビジネスなのか明かさないで、ただ稼げてゆとりがあること述べるだけのオファーにろくなものはありません。

ブックメーカー投資に興味のある方は、ネットで情報を手に入れて始められますし、配信サービスも月単位でいくつか利用して納得のいくところを見つけると良いと思います。

そして、予想配信サービスを行っている会社等も検索すればたくさんヒットします。1話目を見ると、オファーの質が良くわかりますね。

しょせんはギャンブルの予想屋ということなんです。

その予想配信サービスは、月額1万5千円とのことです。

この極秘ビジネスは、典型的なダメオファーパターンです。そして、ブックメーカーアカデミーの内容は、宮崎 正氏が予想配信サービスを行う、これだけです。

ブックメーカー初心者の方は、甘い話しに騙されないように十分注意してくださいね。

結局のところ、ブックメーカーも投資として稼いでいくためには、資金管理をしっかりとして、勝てる確率の高いものを中心にコツコツと稼ぎを増やしていくことにあります。

では、結局何のオファーであったかというと、428,760円のブックメーカーアカデミーという高額スクールの販売が正体でした。

ブックメーカー投資とは、世界中のスポーツやイベントをギャンブルの対象とし、その賭けを請け負うヨーロッパに2000社近くある運営元を利用して資産を増やしましょう、というものです。

ブックメーカー投資に詳しい人であれば分かると思いますが、ブックメーカーの登録方法やネッテラーの口座開設方法は、検索すれば無料で解説しているブログがたくさんヒットします。

ですから、予想配信サービスを信用して単純に賭けをするだけでは、ただのギャンブルなので、ブックメーカー投資をまともにやりたいのならアービトラージやパーレーといった手法についてもネットで検索して学んでいくのが良いと思います。

数千円で月30~500万円になるというのは、投資ではなくただのギャンブルだということを理解しましょう。そして、勝率は60%と言っていますが、手堅い賭けを8割程度入れておけば、勝率はそのくらいは余裕でいきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加