株の学校123泉式空売り講座泉幹株式会社トレードイノベーション

空売りという言葉をご存知でしょうか。

ただ、空売りって株をやっている熟練者でもそれだけで儲けている人は皆無ですから、このオファーがよほどの内容でないかぎり、これから株を始めたい個人は挫折することになると思います。

泉式空売りトレードブログこのブログの管理者は、もともと株の経験があったうえで、ちゃんと入塾した後に送られてくる動画も見ていますし、123式トレード理論に添って対応することをかなり意識して実践されていたことがわかります。

では、動画を見てみましょう。

つまり、今回のオファーは株式投資個人トレーダー養成の案件となります。

第1回「相場のカラクリ」うーん、やっぱり空売りだけで稼げる根拠のあることは言っていないですね。

おそらく他の実践者の方も小さなミスが積み重なってマイナスの方が膨らんでいき、今の相場では大勝することもないことから精神的に挫折していく方が多いと思います。

空売りの基本手法を覚えることは良いことだと思いますが、それが稼ぐための王道の理論だと提唱するのは、無理があると言わざるを得ません。

初心者の方は、空売りの基本手法を学ぶだけのために総額100万円も払うことはないように十分注意してください。

そして、みんなが買いから入るからバランス悪いと言われても、なぜ空売りが有利なのかはまったく理解ができませんでした。

株の学校123の講師の方々は、トレーダーとして稼いでいるというよりも、高額塾による塾代で稼いでいる方々なんですね。

総括すると、この泉式空売り講座の123式トレード理論は特別なものではなく、空売りの手法をオーソドックスにシンプルに教えているだけのものと判断できます。

それは、この動画で説明したチャート通りにまったく同じで動くパターンはほぼないからです。

オファーページでは、これから株を始めたい個人でも手法を学ぶだけで相場からいつでもお金を引き出せる、と書いています。

結果は、-437,490円でした。

空売りとは、証券会社から株を借りて売却し、その株が値下がりした時点で買い戻すことで利益を出す株式投資の手法のことを指します。

今回は第5期の募集とのことだったので、実践者の声があればと探したところ、あるブログを発見しました。

では、このオファーの大元である株の学校123についても洗ってみましょう。

約1年実践してほぼ勝ち負けはトントンでしたが、2014年3月25日で大負けしたことを最後にブログの更新も止まっています。

はっきり言って、このシンプルすぎる理論で稼げるのであれば、株をやっている人はもっと儲かっていて良いはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加