アメプレス(Amepress)

アメブロからWordpressへメインブログを引越しして、そのあとはWordpressから記事投稿していくとアメブロにもミラー反映することになります。この点は、アメプレスの圧勝です。・アメーバキングは、コミュニケーションツールを動かす設定にページランクがある。WordPressとアメブロに別々な記事を書かなくても、両方に同じ記事を一度で書くことができる。この点は、アメプレスの圧勝です。

アメブロのバックアップが完璧に行えます。最良の集客対応にアメプレスを是非オススメします。ここで、ライバルツールともなるアメーバキングについておまけで比較してみます。)また、対象を抽出する方法がいろいろあるため、自分のターゲットにあったブログへ対応を行うことが容易にできます。WordPressだけで対応している人や、WordPressとアメブロを別々に管理している人には、今すぐアメプレスの導入を強くオススメします。

多くの人は、この結果アメブロから、SEOに強くブログ削除されないWordPressへメインサイトを移すようになりました。これで、ブログ削除は怖くありません。・アメーバキングは、Wordpressとの連携はできない。このことから、アメブロ単独で商用での利用はまったくなくブログ削除される危険が少ない利用者は、アメーバキングの方が良いとなります。そして、Wordpressとアメブロが重複コンテンツとならないように記事を書いていかなければならないことや、アメブロでのコミュニケーションツールを使っての集客は、日々手作業で行うとなると大変な労力になります。

アメプレスは、Wordpressのミラー反映記事であるため、アメブロ側は検索エンジンに評価してもらうことを重視していません。1日だけでもこの機能を動かす(ペタ500/読者登録50)と、記事数がそれなりにあれば200PVは楽に超えて、読者も15人以上は相互申込してくれます。アメプレスによって手作業でやっていた時間が無くなった分を、徐々にWordpressの知識も身に付けていくことに使用すれば、そちらから集客もできるようになり一石二鳥です。ですから、万が一削除された場合には、一瞬で復活ができます。ブログ削除されても、元の読者状態を復活させることが容易になっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加