パトリオットアフィリエイト養成学校

アイキャッチ画像として貼りましたネットビジネス超進化論(羽田式エスプレッソアフィリエイトプログラム)は、約1年ぶりとなる羽田和弘氏の羽田式実践型パトリオットアフィリエイター第2期の募集のための無料オファーとなります。安価な商材から成功している人がなぜいるのか、その違いを理解しなければ結局成功はないと思いますよ。ただ、安価で正攻法の手法を教えている人もいますし、市販のツールだってかなり良いものがありますから、もっと安価で同じような成功を収めることも可能です。正攻法=絶対勝てる、ではないんですね。ネットジビネスは楽して稼げないを理論の軸に、甘い言葉を言うなんちゃってプレナーをぶった切る展開をし、無料で「アメーバマグネット」というツールを配りつつ動画や音声で魅了していきます。

えー、そんなの当たり前なことでしょ、と思った人も多いと思います。ですから、羽田和弘氏に師事すれば稼げるようになるとだけ考えているのであれば、勘違いしているので注意してください。テンプレートだけ使用して単純に実践した人はろくに稼げず、基礎を理解しそれに自分の努力を加えて稼ぎを増やした人との差がでたのです。高額塾であろうとなかろうと、結局は強い努力をした人が稼げるようになります。そして羽田式実践型パトリオットアフィリエイターでは、テンプレートを利用してすぐに収益を出していけるスタイルで、高額報酬の案件をいくつも提供してマルチ商法として販売していました。

努力するところは、その人の力量にかかっているので、高額塾だからといって必ずしも良策になるわけではないということです。そしてお値段は約30万円です。SNS等で集客して、ステップメールで共感信頼を得ていき商品をセールスしていくことになります。誰に師事するのかは、最終的にはその人が判断することです。また、インフォトップで現在長くトップを走り続けているランドオブハンモックYoutuberでも同じ現象がでています。

特に大勢に売れている商材や塾は、似たような作業をする人が多数同時にでてくるわけですから、より違ったエッセンスが加わった人が秀でるのは当たり前なんです。答えは…他の人より努力した人は稼げるようになります。こちらは、Youtubeを利用してアフィリエイトする手法をテンプレート化して、高額報酬の案件で提供されるものをマルチ商法として販売しますが、結局独自の努力を加えた人が稼げるようになっています。その手法を、次世代アフィリエイトと言っていますが、基本的にはダイレクトレスポンスマーケティング(DMR)の手法を指していて、目的に合った顧客を集めて、共感信頼を得た後に、目的の商品をセールスすると言う基礎中の基礎です。私は、高額塾であるということから、羽田和弘氏を強くオススメはしないですが、手法は正攻法であるのでお金に余裕があれば師事することもありだと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加