valhalla private club(ヴァルハラプライベートクラブ)が提供する 金融システムは“さや取り”を完全自動化したシステム

valhalla private club(ヴァルハラプライベートクラブ)が提供する 金融システムは“さや取り”を完全自動化したシステム

【さや取りとは】

さや取りとは金融商品(株式、FXなど)において「売り」と「買い」を同時に行い、
その価格差(さや)の伸縮から利益を狙う投資手法です。
別名として「裁定取引」「アービトラージ」「ペアトレード」など複数の呼び方があります。

欧米ではフリーランチ(ただ飯)とも呼ばれています。
さや取りは、商品先物や株式投資で用いられる手法というイメージがありますが、
FXでも2種類の相関関係のある通貨ペアを同時にポジションを建てることでトレードできます。

成功者が多いのに一般的には馴染みの薄い投資法であるさや取り。
この投資法は、株式投資・FX・先物・CFDなど投資分野を問わず有効な運用法です。

大きな特徴の一つとして「堅実な利益を積み上げられて大損が少ない」と言われるのがさや取りです。

売りと買いの両方のポジションを持つのが基本。
両方のポジションを持つので、一方的な暴騰や暴落での大損は少ないです。

【ヴァルハラ金融システムの「さや取り」とは】

ヴァルハラプライベートクラブ(valhalla private club)画像1

ヴァルハラプライベートクラブ(valhalla private club)画像2

ヴァルハラプライベートクラブ(valhalla private club)画像3

・” さや ” は 24 時間、いつどの通貨ペアで発生するかわかりません。
・瞬間的に出る ” さや ” に複雑な両建て取引を的確なロットで繰り返すのは人間では不可能です。
・利益が出る ” さや ” の値幅のみを狙うことは至難の業です。

だからこそ、システム化されたヴァルハラ金融システムは魅力なのです。
人間では不可能な取引を可能にし、
投資初心者や一個人では開発不可能な自動売買システムを利用できる事が、
ヴァルハラ金融システムが注目されている理由なのです。

【さや取りの疑問】

上記で説明しましたが、
売りと買いの両方のポジションを持つのが基本)というように、
さや取りと一般の投資法の大きな違いは注文方法です。

売りと買いの両方のポジションを持った後に、決済も両方同時に行ないますので、
合計で利益を出す」というのが基本的な考え方です。

そこで、こういった疑問を持つ方が稀にいます。
『これ、利益のほうだけ決済しておいて、損の方は利益になってから決済したら駄目なのかな?』

結論としては、「絶対に駄目」です。

さや取りで失敗する人のほとんどがそれで駄目になるのです。
損が膨らむことが多いのです。

この辺は、さや取りに限らず「FXで儲かっている人は、なぜ少ないのか」にも通じる部分がありますので簡単にご説明します。

【投資の理想は損小利大! しかし、利小損大が投資家の本能】

昔から投資の世界で言われている事が≪損小利大≫です。

その言葉通り、損失は小さく、利益は大きく!

言われなくても分かっている!という人も多いでしょうし、こんな言葉を知らなくても、
皆がそれを目指して投資を行っているでしょう。

しかし、「投資家は小さな利益で決済したくなる」ものなのです。
分かっていても、投資家は大きな損は決済できずに抱え込んでしまうのです。
投資家の本能はこうなっていると言われています。

利小損大
これが私達一般投資家の本能です。
一般投資家が株やFXを始めても、
時間が経つとほとんどの方の損失が増えていくのは、この本能があるからとも言われています。
この心理構造は、最近の行動経済学などで科学的にも証明されています。

投資家は普通にやれば損をするのが普通
これが、正しいFXなどの投資に対する認識と言えます。

「だったら投資なんてやらない方がいいや」と思われる方もいるかもしれませんが、投資とはこういうものだと知っておけば対策が立てられます。

これ自体は特に問題ではありません。
問題は「本能から出ている損を大きくし易い投資行動」です。
典型的な「損を大きくする行動」をしないようにすれば、大損を防ぐ事ができ、資産を増やし易くなります。

さや取りで利益のあるポジションだけ決済する

この行為も「損を大きくし易い投資行動」の一つです。
さや取りでは、両方のポジションを作ることで「堅実な利益」を積み上げていきます。
さや取りは、最初から「利益のポジション」と「損のポジション」の両方が発生するのを前提としています。
売りと買いの両方があるからリスクは低い。
損のポジションは利益のポジションのための必要経費のようなもの。

利益のポジションを決済して損のポジションを残すことは、恐らく頭の中に次のような考え方があるはずです。
この損のポジションは、もう少しすると利益になるかもしれない。そうなったら勿体無い。
しかし、投資の世界では何故かこの発想は裏目に出ます。
利小損大」の投資家本来の本能が深く関わっているように感じます。
欲を出してルール破りをするといずれ必ず失敗する
これは、FXの失敗のもっとも多い原因の一つです。

ですから、ヴァルハラ金融システムを利用するにしても、
そういった内容も知っておくと良いでしょう。

ヴァルハラ金融システムの収益が順調でも、
くれぐれも「もっと利益を伸ばす為に、損のポジションはすぐに決済せずに、利益になるまで待ってみては?」なんていう無茶な要求はしないようにしましょう!!

Valhalla Private Club ヴァルハラプライベートクラブ詳細情報

会社名:ブルタン Co., Ltd
CEO:Chloe Wilson

アメリカ本社
ヴァルハラ プライベートクラブ
住所 : 111 South Wacker, 111 S Wacker Dr, Chicago,Illinois 60606 USA

シンガポール支社
ヴァルハラ プライベートクラブ
住所 : 105 Cecil St, The Octagon, Downtown Core, Singapore 069534

代表挨拶

皆さまには、平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

私たちは、資産サービスに特化したクラブとして長きにわたり、一貫してお客様のニーズに沿った先進的サービスと 商品の開発を推進し、高い専門性を備えた組織として長きに渡りお客様に豊かな安心をご提供してまいりました。

近年の世界経済は、これまでの欧米中心からアジア中心へと急速にシフトをしてきており、アジア経済のシェアは 3割を上回るところまでになっております。
世界の人口バランスや労働コストから考えてこの流れは今後も長く続き、世界経済の持続的な成長に大きく貢献していくことが予想されます。

しかしその反面、アジアにおきましても、特に日本や中国での急速な少子高齢化による社会変化は深刻で、ギリシャを 発端としたヨーロッパ問題の根深さもあり、世界経済が一つに繋がっている現代では、個人が先行きを見通した人生設計を構築するには大変な難しさが伴う時代でもあります。

そんななか私たちは、これまで以上に資産運用サポートが果たす役割が大きくなっていると感じております。

私たちは、そうした環境において皆さまと真剣に向き合い、信頼できるパートナーとして末長く寄り添う存在でありたいと願っております。

理念

人生において”ライフスタイル”は人それぞれ異なります。また、変化していくこともあります。
それぞれの「その先」に向けて、経済的に安心できる生活を守っていくには、個々の”ライフスタイル”に合わせた資産準備を計画的に行なっていく必要があります。
お客様自身が将来の夢やイベント、目的を確認し”自分にとってどれだけ必要か?”を、計画的に準備していただくというのが「Safe Design」という考え方です。
私たちは、この考え方をひとりでも多くのお客様に提唱していきたいと考えています。
ヴァルハラプライベートクラブでは、2018年にオープンする「ヴァルハラプライベートバンク」を契機に、お客様の資産計画を手厚くサポートします。
「ヴァルハラプライベートバンク」では世界のヘッジファンドやプライベートバンクのノウハウをひとつにし、グローバルな運用ノウハウと資産管理プランをご提供し、個々では大変困難な長い将来に渡る資産計画を、専任の担当者が最大限に広げるお手伝いをいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加