valhalla private club(ヴァルハラプライベートクラブ)が提供する分散投資案!

資産運用は正しいやり方で行えば、着実にお金を増やしていくことのできる、
これからの時代では必要不可欠なスキルとなるでしょう。

資産運用はまだまだ先に行えば大丈夫。リスクが大きそうで怖い。
いろいろあって何から始めればよいか分からない。と思っている人も多いと思います。

まず、はじめに資産運用とは、自分が持っている資産を貯蓄、
または投資するなどしながら、資産を増やしていくことを言います。
今は世界中でこの金融商品が流通しているので、 様々な企業が資産運用に関するサービスを提供しています。

資金を給与などだけではなく、別の方法でも生み出す手段として資産運用はとても大切なことなのです。
資産運用の方法は大きくわけると2種類あり、【財畜型】と【投資型】があります。

財畜型は預金、投資型は株式投資、投資信託などを思い浮かべていただければと思います。

近年、低金利が続いており、銀行にお金をただ預けるだけではなかなかお金は増えません。現在の主流としては、資産運用といえば投資型を意味することがほとんどと言えます。

各会社により投資案が提案されているケースがあります。

例えば、valhalla private club(ヴァルハラプライベートクラブ)での分散投資案では、

1. プライベートバンク
ご紹介するプライベートバンクの口座を開設いただき専属バンカーによる長期運用を行います。
2. ヘッジファンド
過去10年間の運用成果が連続して単年30%以上の優秀な投資信託を選定いたします。
3. M&A(企業投資)
短期で企業へ投資を行いインカムゲインまたはキャピタルゲインを得ます。

上記のように様々な資産運用案を提供している会社がありますので比較し検討することをおすすめします。

顧客から預かった資金を、顧客に代わって運用する会社を投資運用会社と呼びます。
伝統的な投資スタイルとは異なるさまざまな手法によって運用する仕組み(もしくは会社)のことで、投資家を限定することより自由な運用を行うところに特徴があります。
銀行や保険会社を親会社とする会社も多く、外資の銀行や証券会社系の会社、
海外の運用会社も日本国内で投資運用の業務を展開しています。

どのような投資案があるか参考にしていただくために、
valhalla private club(ヴァルハラプライベートクラブ)の投資案について紹介します。

手順1.金融情勢の現状および今後の見通し
・世界のマーケットの現状・環境を分析し、今後の見通しについて確認。
・現在の資産状況、将来的に目指す資産規模、相続等までヒアリング。

手順2.運用ニーズと運用状況の確認
・運用計画の基本の資産運用ニーズや運用状況を確認し分析。

手順3.運用計画の立案と提案
・金融資産全体のバランスを考慮し、考えに合った運用計画を提案。
・運用状況によって投資方針の見直しを考える場合は、新たな運用計画を提案。

手順4.運用計画の実行
・合意した運用計画に沿って運用を実行。
・投資対象である投資信託の評価・分析を継続的にモニタリング。

上記のような、さまざまな手法が提案されているので、
調べて比較し自分が良いと思った運営会社に巡り合えるといいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加