ヴァルハラプライベートクラブ資産運用と他のとの違い

ヴァルハラプライベートクラブの資産運用にも色々あるのは前にも書いたのですが、この中のプライベートバンクと言う投資案(細かく言うと投資というわけではないのですが)はいわゆる富裕層と言われる方でしか審査が通りません。もちろん、一般の銀行(みずほやUFJ等)や、海外のスイス銀行もそうなのですがかなり厳しいです。
・みずほプライベートウェルスマネジメント
10億円以上(金融資産以外を含む)

・三井住友フィナンシャルグループ・バークレイズ(英)
 5億円以上

・UBS(プライベートバンクの聖地ともいわれるスイスの最大手)
 預かり資産2億円以上

・ヴァルハラプライベートクラブ
 純金融資産5億以上

この大手の会社の中でもヴァルハラプライベートクラブはかなり金銭面での審査が厳しそうですね。5億ですからね。
しかしみずほプライベートウェルスマネジメントの金利は5,5%、三井住友フィナンシャルグループ・バークレイズは2,0%に比べて、ヴァルハラプライベートクラブは11%です。
もちろん、大きなお金が動くので私はプライベートバンクをできないので周りの情報でしかないのですが。
単純に大手よりいいという結果になりましたね。
投資に関しても
・100%の勝率
・ノーリスクハイリターン
・マイナスになればお金は返金 等など

どちらにせよここに入会することは決して損ではないということです。
あとはもう向こう任せなのでゆっくりしているだけ。こんな優雅な生活を老後にしていきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加