ヴァルハラプライベートクラブでない方法

一番手軽にできる定期預金。子供のころからやっている方も多いのではないでしょうか?今回はヴァルハラプライベートクラブを一度端に寄せて、預金でどのくらいの利益が出るのかを調査してみました。ゆうちょやUFJなどの大手銀行の普通預金の金利が0.001%にたいして「ジャパンネット銀行」「東京スター銀行」は0.01%、「オリックス銀行」「楽天銀行」「イオン銀行」「SBJ銀行」は0.02%と高めのようです。

これに対し定期預金(3年)は100万未満で1番高いものが「イオン銀行」の0.1%、100万~1000万以上で1番高いものが「オリックス銀行」の0.2%でした。

額によって金利の額が変わるんですね。

ネットバンクの定期預金では額によって変動することはほとんどなく「あおぞら銀行」の0.2%、「SBJ銀行」0.15%、「イオン銀行」0.1%が多い方でその他大手三井やUFJ、みずほなどは0.01%、となっていました。

ここまでではイオン銀行がかなり優秀ですね。

大手の銀行はそこらじゅうにあるので便利ではありますが、急遽お金をおろすとなるとATMを使ってしまいますね。そこで手数料をとられて結果0.001%では到底賄えない損になってしまいます。これがマイナス金利とやらです。

つまりまとめると定期預金をしてお金を動かさないでいないと資産運用にはならない。あづけていても大した金額にはならないのは間違いないようです。

そう考えると、肩を持つわけではないですが、ヴァルハラ金融システムは本当に優秀なんではないでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加