ヴァルハラプライベートクラブへのあこがれ

届かない場所だからこそのあこがれというものがありますね。以前に書きました、デイトレードに関して、、、長所もあれば短所もあります。

デイトレードの短所

  • うまくいけば有効に運用資金を回転し、短期に増大させることができるが、当然『その反対に』損失も短期に増大する可能性がある。
  • 相場がトレンドに乗っていると、翌日寄り付きでギャップアップの旨みが取れない。
    (前日終値より窓を開けて翌日寄り付くことで、大きな損益が出やすい。ただしギャップダウンによる損失の回避ができる。これは結果論)
  • 常に相場に張り付き、値動きを注意深く監視する必要がある。
    (寄付きのみ、前場のみや売買注文の仕方など、各々の判断で自分の都合のいい時に自由にできる。←これは長所ですね!)
  • トレードツール、環境をある程度ととのえている方が有利と思われる。
    (地合いを感じて素早い判断が要求されるときがよくあるので、そのための情報などを表示できる環境にしておいた方が決断が早い)
  • 手数料がかさみ、結局手数料貧乏になりやすい。
    (デイトレの場合は特に証券会社の選択方法によって手数料に大きく差が出ます)
  • 大口投資家に飲み込まれやすい。
    (新興市場は特にその傾向が強いと思われます)
  • 中毒性があり、やめられなくなることもありうる。以前のパチンコブームによく似ていると思われる。(いとも簡単に勝ってしまったことが忘れられず、たとえ大きな損失が出ていても以前の勝ったときの快感がよみがえり、何とか取り返せると自分の都合のいいように解釈し、そのままのめり込み金銭感覚がマヒしてしまう破滅パターン)
  • 職人技のような要素というかセンスが必要かも?
    (一番大事な要素かも知れませんが?努力しだいでその職人技が身に付くかも?)
  • 過大なストレスの連続で体調を崩すこともありうる。
    (資金がなくなる前に体調不慮で市場退場の可能性もある?メンタル面が非常に重要になってくる!)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加