資産運用に関する専門用語

今回はヴァルハラプライベートクラブで資産運用する上でよく出てくる

専門用語について改めて補足説明していきたいと思います。

「マイナス金利」

マイナス金利とは、文字通り金利がマイナスになることをいいます。これは、超低金利の時に、短期金利が一時的にマイナスになったり、インフレのときに名目金利から物価上昇分を差し引いた実質金利がマイナスになったりするケースを指します。

またそのほかにも、中央銀行が金融緩和政策としてマイナス金利を導入することもあります。

「ヘッジ」

ヘッジとは「リスクヘッジ」とも呼ばれ、資産運用のリスクを減少させるための行動のことをいいます。これは垣根を作って危険から実を守ることに由来する用語で、投資においては、将来の価格変動リスクを回避したり、軽減したりする各種手法の事を意味し、その種類には様々なものがあります。一般的に投資においてリスクヘッジをするということは、裏を返せば収益拡大の気化器を限定することでもあります。また潜在的な収益機会とリスクはトレードオフの関係にあり、ヘッジは収益機会を犠牲にすることになるので、その実施に当たっては十分な注意が必要となります。

「ヘッジファンド」

ヘッジファンドとは、様々な手法を用いて利益を追求する投機的なファンドのことをいいます。

酵母により資金を集める投資信託とは異なり、機関投資家や富裕層等から私的に集めた資金を、デリバティブや空売りを含めた様々な手法で運用するファンドを意味するものです。

「M&A」

M&Aとは合併を意味するMergers、そして買収を意味するAcquisitionsの略です。

つまり企業合併買収のことで、2つ以上の会社が一つになったり、ある会社が他の会社をかったりすることです。

広義の意味として、企業の合併・買収だけでなく、提携までを含める場合もあります。

今回は基本的なものを紹介させていただきました。より専門的な用語についてはまた紹介したいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加