ヴァルハラプライベートクラブと富裕層向けの資産運用の方法

株式投資は、資産運用の一つの方法です。

成功すれば大きな利益を得ることができて、配当金も受け取ることができます。
さらには株主優待制度など便利なサービスも受けられるので、さまざまなメリットがあります。
しかし、株式投資は株価が暴落すると、大きな損失を生み出すのがデメリットです。
最悪の場合、株式を保有していた企業が倒産してしまうと、株券はただの紙くずになります。
株式投資はメリットは大きいですが、デメリットも非常に大きいのです。
資産運用として行われるその他の投資方法も、株式投資と同じです。
投資額を回収できないリスクも大きいので、富裕層の方が資産運用する方法としては、賢い方法とは言えないでしょう。

お金に余裕のある富裕層の方が資産運用するなら、リスクを抑えた投資を始めるのが大切です。
富裕層の方がリスクを抑えて資産運用をするなら、プライベートバンクです。
プライベートバンクは投資とは微妙に違うものの、基本的には同じとされています。
プライベートバンクに入会するためには、独自の審査をクリアしなければいけません。
この審査で一つの条件となっているのが、資産の額です。
たとえば、ヴァルハラプライベートクラブの場合だと、純金融資産が5億以上と言われています。
5億以上の資産を保有している人は、日本国内でも極一部の人だけでしょう。
日本人の平均的な世帯の多くは、ヴァルハラプライベートクラブの審査条件を満たすことはできません。
ヴァルハラプライベートクラブ以外のサービスも、同じような審査条件があります。
厳しいと資産が10億円以上、比較的緩くても2億円ですから、まさしく富裕層のみが利用できるのです。
選ばれた人たちだけが入会し資産を任せられるわけですから、富裕層の方にとっては大きな魅力があります。
これまで築き上げてきた資産をさらに増やしたいと考えているなら、リスクとリターンを天秤にかけながら、入会を検討してみるのも良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加