ヴァルハラプライベートクラブで資産運用をすることのリスク

ヴァルハラプライベートクラブでの資産運用は、勝率100%であると謳われています。それはつまり、リスクがないということでしょう。もちろん、信用できる業者であるかどうかをしっかりと調べることは重要になります。

投資でリスクがゼロということは、ありえないと多くの人が思うでしょう。しかし、リスクがほぼゼロでの資産運用方法がないわけでもありません。例えば、定期預金は銀行が倒産したりしない限りは、リスクがありません。しかし、現在は金利がとても低いので、定期預金は資産運用方法としてはあまり意味がないと言われています。

投資では、基本的にリスクをかけるほど資産を大きく増やせるということになります。例えば、リーマンショックの前にはFXではレバレッジを400倍に設定することもできました。100万円の資産を短期間で1000万円以上に増やせた人もたくさんいたようです。しかし、レバレッジを400倍にしていると、あっという間に資産を失ってしまうリスクもあります。リスクが大きいほど、得られるものも大きいということになります。

不動産投資などは、比較的安全な投資方法となりますが、収益性の高い物件を選んでおかないと、ほとんど利益が得られないという可能性もあります。不動産投資では、頭金を8割くらい用意するなら、破綻のリスクはほとんどなくなります。しかし、高額な物件を購入したほうが大きな利益を得られる可能性がありますので、やはりリスクをかけたほうが得られるものは大きくなります。

ヴァルハラプライベートクラブは、定期預金ほどの安心感はないかもしれませんが、FX、株式投資よりははるかに低いリスクで資産を増やせる投資方法と言えるかもしれません。

30代、40代の人は、生活に余裕が出てくるという人も多いですが、余裕のあるお金をどう使うのかという選択肢は重要です。若いうちに遊びたいという人は、お金を趣味などに使ってしまうのも良いですが、豊かな老後を送りたいという人は、資産運用について勉強しておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加