資産運用をヴァルハラプライベートクラブで始めて変わったこと

ヴァルハラプライベートクラブで資産運用を始めてから変わったことは、お金のことに対してあまりシビアに考えなくなったということです。
順調に資産を増やすことができたことで、小さなお金に関してはあまり気にすることがなくなりました。
倹約した方がいいのはわかっていますが、倹約をすることによって受けるストレスを考えると細かいことは気にしないで生活をしたほうがずっと楽だということだわかったのです。

それまでは電気をこまめに消したり、10円でも20円でも安くものを買うためにチラシなどをくまなくチェックしていたのですが、現在はそこまでしないようになりました。
決して浪費家になったというわけではなく、効率の悪い倹約はしなくなったというのが正しい言い方かもしれません。
もちろん、わざと無駄遣いをするということはありませんから、不要なものをあえて買ったりするということはありませんし、ちょっと欲しいぐらいのものを無駄に買ったりするようなことはありません。
また、数千円ぐらい金額が変わるものに関してはじっくり検討をしてから購入をしますから、倹約をするレベルが変わったというのが正しいですね。
ギリギリの生活をしなければならないというのであれば、10円や20円が重要となってきますが、ヴァルハラプライベートクラブで資産運用をするようになってからはそこまでシビアに考える必要はなくなったということです。

多少手間を掛けて少額を節約するぐらいであれば、手間を掛けないほうが今の自分にとってはメリットがある状況となったのです。
贅沢をすることができる立場ではありませんが、細かいところまで気を使わなくて良くなったというのは資産運用を始めたかいがあり、本当に良かったと思っています。
いずれは数千円の差でも無視することができるぐらいの、生活レベルになることができればいいと考えていますが、さすがにそのレベルとなると簡単には行かないでしょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加