ヴァルハラプライベートクラブでの個々人の状況にあった資産運用

ヴァルハラプライベートクラブでは、個人の資産運用に関するアドバイスを積極的に行ってくれますが、このヴァルハラプライベートクラブのような組織がなぜ今必要とされているのでしょうか。

それは、日米国民の資産運用に関するスタンスを比較してみることにより、判ってきます。すなわち、アメリカにおいては、その国民の資産運用先の半分近くが株式や債券等のリスク資産に向かっているのに対し、日本においては、その国民の資産運用先のほとんどが銀行預金等の安全資産に向かっているのです。ですから、日本の人々にも、株式や債券等のリスク資産にもっと目を向けてもらうために、ヴァルハラプライベートクラブのような組織が必要となってくるのです。もちろん、既存の金融機関においても、多くのセミナーなどを開催することによって、国民に対する金融知識の啓蒙に努めていると言えます。

しかし、このような集合教育ではなくて、もっと個々人のプライベートな要望に基づいた金融知識の伝授を行うほうが、より効率的であると考えられるわけなのです。例えば、5,000万円のお金があったとしたならば、それを年率7.4パーセントのペースで複利運用していけば、10年後には1億円になっているわけです。しかし、この5,000万円のお金を銀行預金においたままにしておけば、10年後になってもおそらくこのお金は雀の涙ほどしか増えていないことになるでしょう。それなら、株式投資にお金を振り向ければいいのかと言いますと、へたに株式利をした場合には、この5,000万円は10年後に2,000万円に減ってしまっているかもしれません。

ですから、ヴァルハラプライベートクラブのように、個々人にあった適切な投資の指南をしてくれる組織が必要となってくるのです。今までは、デフレーションの進行によって、銀行預金に預けたままにしていても損をすることはなかったかもしれませんが、今後インフレとなる危険性もでてきているわけです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加