ヴァルハラプライベートクラブで資産運用に必要な情報を得ました

世代別の貯金額が発表されることがありますが、それを見て自分が貯金ができていないことに気付かされました。
学校を卒業してから継続して真面目に働いていますし、無駄遣いはしていないつもりです。
しかし給料の手取りがそれほど多くなく、両親に仕送りをしたり子供の教育費が想像以上に高いということなどから、月によっては貯金ができない月もあります。

平均貯金額よりも少ないことに焦りを感じたので、将来の貯金額を試算してみることにしました。

ボーナスが全額貯金することにして、毎月の給料からは最低1万円を貯金することを目標にして試算をしました。試算結果は、老後のために必要だとされている資金にはとうてい足りないことがわかりました。貯金額を増やすためには、本業の仕事の他に、アルバイトなどをして副業をしようかと感じましたが、寝不足になってしまうと本業にも支障が出る可能性もあります。仕事を増やさずに貯金をふやしたいと考えたとき、株などに投資をして資産運用をすることを思いつきました。

友人の中には学生時代から株を始めていて、お小遣い以上の収入を得ていたという話を聞いたことがありました。そのときはうらやましいと感じたものの、経済に関する知識がなかったので、資産運用をすることに漠然とした不安を抱えていました。しかし将来のことを考えると、さらに大きな不安がのしかかってきます。わからないからと回避するのではなく、真正面から挑んでいく必要があると考えたので、資産運用をしたい人のために適切なアドバイスをくれるヴァルハラプライベートクラブに入会をしました。巷には数多くの情報が溢れていますが、その中には全く役に立たないものも少なくありません。ヴァルハラプライベートクラブでは、役立つ情報だけを取り出して、資産運用をしたい人が求めている情報を提供してくれます。有益な情報を得られるようになったので、資産運用をすることが怖くなくなりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加