ヴァルハラプライベートクラブで自分に合った資産運用方法を見つけました

社会人として働き始めてからは仕事に楽しさややりがいを感じていたので、夢中になって働いていました。

しかし仕事に熱中するあまり、身体を無理しすぎて40代になると体調を崩してしまいました。今までも無謀な働き方をしていましたが、20~30代は若かったので多少の無理をしても乗り切れていたようです。ただ40代になると若い時と同じような働き方をしていては駄目だということを実感しましたし、体調を崩したことによって休む大切さを知りました。

特に今までは子ども達のことを全て妻に任せきりにしていましたが、自分に時間の余裕ができたことによって子ども達と接する機会が増えました。ただ今まで仕事で留守にしていたので、子ども達といきなり会話をしようとしても話題が見つからずに戸惑ってしまいました。子供も戸惑いを持っているのは同じようで、母親には何でも話すことができるのに、父親には話したくないという形が出来上がっていて愕然としました。

さらに同じ頃、離れて暮らす両親から体調を崩したので今後の相談をしたいと言われることも多くなり、これからはもっと家族のために時間を使うべきだと考えるようになりました。しかし家族との時間が増えると、仕事をする時間が減ってしまうのでそれだけ収入が減ってしまいます。仕事は基本給の他に能力給が導入されていたこともあり、給料の他に収入を得られる方法を探したいと考えました。そこでヴァルハラプライベートクラブに入会したところ、自分に合った資産運用の方法を提案してもらうことができました。

今まで資産運用として定期貯金や株取引くらいしかしたことがありませんでしたが、ヴァルハラプライベートクラブでは金投資や不動産投資の仕組みなども丁寧に教えてもらうことができました。大人になってから専門的な知識を一から学ぶのは難しいので、ヴァルハラプライベートクラブに入会したことで必要な情報だけを精査して提供してくれることはありがたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加