3000万円からの資産運用!ヴァルハラプライベートクラブは富裕層向け

ヴァルハラプライベートクラブは富裕層向けと言われていますが、実は3000万円くらいの資産があれば、入会ができるようです。具体的な基準については公開されていないようですが、資産がもっと少ない人でも、ヴァルハラプライベートクラブで安全に資産運用をしている人がいるようです。

富裕層というのは、1億円以上の資産を持っている人のことを言います。しかし、1億円の資産を持っていても、老後の資金としてそのうち3000万円くらいは必要になってきますので、実際には1億5千万円くらいは資産がないと富裕層とは言わないという意見もあります。2億円くらいの資産があれば、富裕層と言われることに異論はないでしょう。

ヴァルハラプライベートクラブの資産運用は、富裕層向けであり、100%の確率で勝てると言われています。1年間で資産を20%増やすことも可能となるようです。定期預金でも金利は高いところで0.10%くらいなので、その200倍の利益が出せるということになります。しかも、勝率が100%なので、負けて資産を減らすリスクはありません。

このような話を聞くと、多くの人は驚くと思われますが、実はそれほど驚くことではありません。資産を持っているということは、1つのスキルであると考えられます。「1億円の資産を持っている」というスキルを持っている人は、持っていない人に比べて、はるかに有利な資産運用ができると考えられます。投資や資産運用の世界では、「お金がものを言う」ということがある程度あてはまりますので、資産を持っている人は、選択肢がたくさん出てくることになります。

しかし、せっかく資産をたくさん持っているのに、その長所を活かせなければ、意味がありません。お金を持っていても、使わずに眠らせてしまっているという人はたくさんいます。資産は多いほうが良いので、3000万円くらいのお金を貯めることに成功した人は、そこからさらに増やしていくことを考えましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加