3つの条件がある?ヴァルハラプライベートクラブでの資産運用

ヴァルハラプライベートクラブでの資産運用は、だれにでもできるわけではありません。1番に満たしている必要がある条件は、資産を持っているということです。ホームページを見てみると、年利144%と書いてあります。定期預金の金利は高いところでも0.1%となっているので、なんとその1000倍以上の利益が出せるということです。このような仕組みをだれもが利用できるのであれば、定期預金は不要となるでしょう。

ヴァルハラプライベートクラブでは、富裕層の創造を目的の1つにあげています。これは必ずしも、現時点で富裕層、すなわち1億円~5億円程度の資産を持っている必要はありません。しかし、近い将来に、富裕層になれるような人、もしくはなる気持ちがある人が対象ということです。最終的には、クラブ会員は超富裕層と呼ばれる層に達することが目標となっているようです。

「特別なお客様だけに開かれた資産運用のプライベートクラブ」と書いてあるように、一定の条件を満たしている人でないと入会ができません。その1つの条件が、一定の資産を持っているということになります。

もう1つの条件が、ヴァルハラ金融システムを理解できるということです。それほど難しいシステムではないですが、「さや取り」という仕組みを理解している人でなければ、実践はできないでしょう。高い専門性を備えたシステムとなっていますが、自動売買システムですので、利用をする人には専門的な知識は必要はありません。スマートフォンを利用する人が、プログラミングを理解している必要がないのと同じです。基本的な使い方さえ理解をしていれば良いので、この条件のほうはそれほど難しくはないでしょう。

さて、最後の3つ目の条件は、資料請求をして、申込みをするということになります。チャンスが目の前に広がっていても、最初の一歩を踏み出す勇気を持てない人が、意外にも世の中にはたくさんいます。最初の一歩を踏み出す勇気を持つことが、ある意味で一番重要なのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加