ヴァルハラプライベートクラブのタイムリーな資産運用アドバイス

銀行や証券会社などで、担当者の人から特定の金融商品を勧められて購入したり、セミナーに出席してインストラクターの勧める金融商品を購入したりして、結局損をしてしまったとか、たいした利益をあげることができなかったという経験をお持ちの方も、けっこうおられるのではないでしょうか。

では、これら金融機関の担当者やインストラクターが間違っていたのかと言いますと、必ずしもそうとは言えない部分もあります。というのは、資産運用にはタイミングというものがあって、同じ金融商品であっても、もう少し長く保有していれば儲かったとか、もっと早く売却していれば利益を確保できたというようなことがあるからです。ですから、資産運用に関する適切なアドバイスを行うためには、ヴァルハラプライベートクラブの専門家が実践しているように、適切な時間感覚をもって対処する必要があるわけです。例えば、金融機関のセミナーにおいて、ある高名な投資の専門家が、「これからはグローバル化の時代ですから、日本国内だけではなく、外国に目を向けて投資をするべきです」などと述べたとしましょう。確かに、それは非常に長い目で見てみればその通りなのかもしれませんが、それから数年にわたってずっと円高が進んでいたとするならば、その言葉を真に受けて外国に投資をしてしまった人は、為替変動によって大きな損失を蒙ることになってしまったと言えるわけです。この点、ヴァルハラプライベートクラブの場合には、このような理想論に終始することなく、常に数年後の為替や株価動向を念頭において、顧客の相談に応じてくれると言えます。

また、ヴァルハラプライベートクラブにおいては、特定の金融商品を売らなければならないというようなノルマもありませんから、中立公正的な立場で資産運用のアドバイスを行ってくれるわけです。ですから、顧客の側としても、自社の利益のためのアドバイスなのではないかというような勘ぐりをしなくても済むわけです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加