資産運用クラブであるヴァルハラプライベートクラブとはいったい何なのか

投資顧問会社や証券会社の投資相談窓口など、資産運用の相談を行なえる先というのは沢山存在していますが、どのような投資をすればいいのかをアドバイスをしてくれるだけでなく資金を丸ごと預け入れる形で資産運用そのものを代行してくれる、資産運用クラブというものも世間には存在しています。ヴァルハラプライベートクラブも資産を投資や為替、保険や国債など様々な方法で運用してくれる代行業者のような業務を行っていますので、面倒な資産運用を手数料を支払うことで一括して任せられる業者なのだとイメージしておけばいいでしょう。

ヴァルハラプライベートクラブを利用するメリットとしては、株式投資や為替取引などで利益を確定するタイミングや損切りを行うタイミングを利用者側が決める必要が無いので、株価や為替相場を一々チェックする必要が無いといった楽さがまず挙げられます。また投資や資産運用に関するプロのトレーダーが運用代行を行ってくれるので、世界情勢や金融市場に大きな動きがあったとしても大幅に資産が目減りする可能性が低いといったことも挙げられます。

ただヴァルハラプライベートクラブは100パーセント絶対に儲けが出ると約束する形での運用代行は行っていないので、確率は低いものの資産が減ってしまう恐れもゼロではありません。必ずしも利益が出るわけではないといったデメリットも含んでいるということを忘れてはいけないのです。

メリットとデメリットを合算した上でヴァルハラプライベートクラブを上手に活用する方法としては、最悪の場合無くなってしまっても生活に支障が無い程度の余裕資金だけを預け入れることだと言えます。定期預金に入れっぱなしにしているお金をそのままヴァルハラプライベートクラブに回し、仕事で得たお給料は銀行口座に残しておくなどといった手法をとるのが理想的になっています。少し多めに資金を預け入れたいといった場合でも、資産総額の30パーセント程度に留めておくことをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加