驚愕の世界初最先端ビジネス PGPオーナーズクラブ エルミネ株式会社 福原直樹

どのような製造元か良くわからないコインに多額の資金を投じることは、投資ではなくギャンブルになると言えるでしょう。

そのような状況から、目には見えないですが仮想通貨というものは、世界においては投資対象としての地位を現在は確立している商品となっているのです。

福原直樹氏が作ったPGPシステムと同じように、アービトラージを検知する仕組みを利用する人も多数になっていますので、先に取引されてしまい一瞬で価格差がなくなってしまうというのが現状なのです。

仮想通貨で大儲けした人の話しをしていますが、それはあくまでもビットコインのようなオバケ商品においてだけで、すでに過去の話しとなっています。

実際に、対象の通貨がいろいろなネット上の取引で利用できるようになって人気が出てくると、その通貨を手に入れたがる人も増えていきました。

ですから、仮想通貨の投資自体は検討していくのは、ありだとは思います。

将来的に実貨幣が効力を失うようになる情勢が増えれば、ネット上で価値を確保できている仮想通貨がもっと注目されていくだろうと言われています。

ある人(一説では日本人)が、一定の枚数のネット上で利用できる通貨を強固なシステムで作り、これをさまざまな流通で利用できるようにしていけば価値が上がるから、それを投資対象にする仕組みを作ってみないかと話しを進めたことが発端となっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加